進歩するAi技術、今もっとも注目されている技術はこれだ!

技術はどんどん進んで、今ではAiつまり人工知能を駆使する時代へと変化しました。人工知能とは、要はロボットです。Aiとは人間の神経構造を模倣したことにより、人間と同じような知能を持ったロボットつまりAiが仕事を進める時代になりました。様々なAiが出てきている中で、今最も注目されている技術をご紹介します。

Gmailに搭載されているAi技術とは

 このGmailの機能はG Suiteとして様々なサービス提供を行っています。自動で予測変換をしてメールに対して返信をしてくれる機能「Smart Reply」の登場から、新たに搭載された機能が「Smart Compose」です。Smart Replyの時点ではメールの返信のみに使えていたAi的な機能でしたが、Smart Composeの大きな点としてメール全般とその他ドキュメントの作成にも使えるようになりました。

引用元:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1807/25/news050.html

Gmailの作文機能だけでなく、ドキュメント内でスペルのミスをチェックしてくれる文法のサジェスト機能など。そのAiの発揮に驚きです。文章でのコミュニケーションが主な時代に、ミスを少なくしてくれる気の利いた機能です。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/25/news059.html

 

LINEのAiはレストラン受付が可能に?

 LINEのAi機能としては、チャットサービスに出てくるようです。「シンプルQ&A」と言うサービスは、Aiから質問内容について返答が返ってくるというもの。

簡単な内容ならすべてAiから返事が届きますが、少し内容が難しくなるとそれに対応できる担当からのチャットに切り替わるのです。

カテゴリーから質問したい内容を選ぶことができるため、レストランなどの予約も簡単にAiにお願いできるということです。このサービスは、LINEを利用している方なら誰でも利用ができ、特に制限などもないため気軽に使うことができます。

引用元:https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20190807/

NTTとドコモ、AI技術をトヨタのコンセプトカーとは

 日本で最も早くAiを取り入れたのが、NTTとドコモです。寄せられるお問い合わせ内容に対し、チャットボットが返答すると言うものです。これは、対話サービスの新たな形で様々な企業や法人に勧められているひとつです。例えばこのサービスを各企業が取り入れることによって、そこに来る問い合わせ内容ひとつひとつに時間をかけると言う点が楽になりますよね。ドコモのページでは法人の方向けに大々的に取り上げられています。

引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/ai_agent_api/

また、今年度の東京モーターショーでトヨタが発表したのが、コンセプトカーの「LQ」です。これもまたAi人工知能を搭載した車で、自動運転機能もあるもの。さらにAiエージェントといった機能もあり、未来の車事情に変化が訪れるかもしれません。ただ、Aiの助けてくれる部分からも未来の車移動の際に様々な提案をくれることでしょう。

引用元:https://response.jp/article/2019/10/11/327509.html

まとめ

 ここで解説したこと以外にもAiの知能はどこまでも上り続けています。人がより便利でよりスムーズな生活をしていく上で、現代のAi技術は助けにもなってくれます。ただ冒頭で「Aiは人間の神経構造を模倣したもの」と説明しましたが、それを考えてみるといつかは人間の知能を越えてしまう日が来るのではないかと心配にもなりますよね。しかし、それも人工知能の基盤をしっかりすることで対処できる問題なのです。人とAiが助け合う未来も、そう遠くないのではないでしょうか。