グラスフィアが独自開発の『サーマルカメラ』はAi搭載で非接触検温が可能!

新型コロナウイルスの影響で、私たちの生活も大きな変化が訪れています。

店舗の営業再開に際しては、ソーシャルディスタンスを保った店舗運営や、除菌消毒の徹底などはもちろんのこと、感染症への予防対策については、これまで以上に気を配っていく必要があると言えるでしょう。

今回は、新型コロナウィルスの感染予防にも役立つ、グラスフィアが開発したAi搭載型の新型サーマルカメラシステムについて、機能面での特徴や具体的な導入事例なども含めてご紹介いたします。

サーマルカメラとは

サーマルカメラとは、「Thermal」という名前の示す通り、ヒトやモノから発せられる「熱」を感知することができるカメラのことを指します。

厳密に言えば、サーマルカメラが捉えているものは「熱」そのものではなく、ヒトやモノから発せられる「遠赤外線」という目には見えない光を検知する仕組みとなっているため、場合によっては「遠赤外線カメラ」と呼ばれることもあります。

サーマルカメラの特徴

サーマルカメラが捉えた画像は「熱画像(サーモグラフィ)」と呼ばれ、ヒトやモノの温度が高い場所はより赤く、逆に低いところはより青くハイライトされる特徴があります。

遠赤外線の特性として、温度が高くなればなるほどより強力になるという性質が備わっているため、その強弱を検知することができる「サーマルセンサー」をカメラの機能と合体させることで、温度の可視化が実現できているというわけです。

遠赤外線感知の特性

また、遠赤外線を感知するという構造から、視認性の悪い暗闇や光源の少ない暗所などでの利用が可能であるため、屋外などの過酷な環境下においても外的な要因に左右されず、均一な測定を行うことができます。

近ごろでは、新型コロナウイルスの流行にともなって、非接触での検温を行うことができる検温機能つきのエントランスシステムが、さまざまなメーカーから続々とリリースされるようになりました。

>コロナウイルスの感染拡大防止対策にAiの活用も。感染の早期発見も可能に!?

コロナウイルスの感染拡大防止対策にAiの活用も。感染の早期発見も可能に!?

>【新型コロナ対策】Aiサーモグラフィーで以上体温を瞬時に検知!

【新型コロナ対策】Aiサーモグラフィーで以上体温を瞬時に検知!

>Aiカメラによる検温、顔認証でコロナリスク対策

Aiカメラによる検温、顔認証でコロナリスク対策

では、これらのサーマルシステムと比較した場合、グラスフィアの発熱者検知サーマルカメラシステムには、一体どのような特徴があるのでしょうか。

グラスフィアが開発したサーマルカメラの概要

株式会社グラスフィアジャパン(東京都中央区)が開発した「グラスフィア発熱者検知サーマルカメラシステム」は、Aiによる人物の検温機能を搭載した最先端のAiサーマルカメラシステムです。

世界規模で猛威を振るう新型コロナウイルスへの感染予防対策として開発が進められ、独自のAiチップを搭載したことで、体温測定誤差±0.3℃以内、検温速度0.2秒という、精密かつスムーズな検温を実現させることに成功しました。

また、端末設置にあたっての工事なども一切不要となっているため、マンションやオフィスなどの施設エントランスへ導入することによって、ウイルス感染者や発熱者の入場を未然に防ぐことができます。

このサーマルカメラシステムにはAiが搭載されているため、映し出された人物の分析を通して、登録された人物の顔認証機能を備えていることや、被検温者のマスク着用の判別などを行うことができる点も大きな特徴のひとつと言えるでしょう。

グラスフィアが開発したサーマルカメラの特徴

ここからは、グラスフィア発熱者検知サーマルカメラシステム(以下、本システム)の機能面における特徴を、3つほどご紹介いたします。

マスク非着用者の検知が可能

本システムを専用のタブレット端末や既存のコンピュータと連携させることで、離れた場所からでも現地の様子をリアルタイムで確認することができます。

遠隔からの監視機能の搭載により、発熱者との対面接触を避けることができるだけではなく、搭載されたAiが被検温者のマスク着用の有無まで認識してくれるため、検温と同時にマスク非着用者の判別まで行うことができます。

顔認証機能の搭載

本システムには人物の温度検知機能に加えて、Aiによる顔認証機能も備わっているため、施設エントランスにおける顔認証端末としても運用することができます。

特定の人物を端末に登録しておくことで、搭載されたAiがそのユーザーの顔を瞬時に識別できるようになるため、防犯用途やセキュリティ対策としても大きな力を発揮します。

入退室管理を別途導入する必要がなく、感染症対策とともに業務効率の改善を図ることができるため、このような点においても、他社サービスにはないグラスフィアならではの利点と言えるでしょう。

アラーム通知機能の搭載

設定体温以上の発熱者を検知した際には、管理者に対してアラームやメールなどで通知を送信する機能が内蔵されているため、対処が必要とされるシーンにおいても、これまで以上に迅速な対応が可能になります。

グラスフィアのサーマルカメラ導入事例

世界規模で猛威を振るっている新型コロナウイルスへの感染予防対策として、千葉工業大学においては、津田沼キャンパスと新習志野キャンパスの2つのキャンパスエントランスに本システムが導入され、本格的な運用がスタートしているということです。

千葉工業大学での導入から得られたフィードバックは、今後のシステム開発に活用されるということで、教育機関や公共施設などへの導入を通して、新型感染症への効果的な一手として活躍が期待されています。

まとめ

都市部での緊急事態宣言が解除されて以降、店舗営業の再開や入場規制の緩和など、経済活動も徐々に復調の兆しを見せるようになりましたが、まだまだ余談を許さない状況にあることも事実です。

さらなる感染拡大やクラスターを生まないためにも、今回ご紹介したAiサーマルカメラを始めとするAiテクノロジーの活用を積極的に行っていくことで、社会全体が一体となって立ち向かっていく必要があるのではないでしょうか。