『Aiロボット』はGoToキャンペーンで有効的?各地が行っておきたい集客対策をご紹介

各地で賑わいを見せているGoToキャンペーンですが、この機会に旅行に行かれた方や、今後行かれるご予定の方も多いのではないでしょうか?

その一方で、各地の観光地においてはさまざまな対策を行い、GoToキャンペーンを皮切りに今後に繋がる取り組みを検討されているかと思います。そうした中で、増えた観光客に対応しつつ、人と人との接触を抑えられると期待されているのが『Aiロボット』です。

そこで今回は、GoToキャンペーン事業をのおさらいをしつつ、Aiロボットを利用した各地が行っておきたい集客方法について解説していきます。

そもそもGoToキャンペーンとは

GoToキャンペーンとは、新型コロナウィルス感染症により落ち込んだ旅行需要を喚起するため、宿泊を伴う旅行及び日帰り旅行の最大5割を国が補助する観光支援策です。

GoToトラベルで増えた旅行客

このキャンペーンは令和2年7月から開始され、これまで除外されていた東京が10月から加わったことで、大手旅行サイトに予約が殺到し、割引額が一時的に減額されるなどの問題も起きた程、旅行客の増加が見られています。

旅行会社ANAにおいては、10月の国内線利用客は、1日約4万8000人に及んでいます。また週末が40%までの落ち込みを見せていた東京は、10月に入ってからはアクセスの良い場所を中心に、減少幅が10~20%までに回復しています。さらに、官公庁の調べによると令和2年9月15日までの全体の宿泊利用人数は、約1689万人と多くの利用が確認されています。

GoToトラベルは修学旅行も対象に

修学旅行生においても、GoToキャンペーンが令和3年3月15日まで適用され、その他、旅行先のお土産・飲食店・観光施設・観光機関などにおいても「地域クーポン券」が適用されます。この地域クーポン券ですが、旅行代金の15%相当額が配布され、紙クーポンと電子クーポンの2種類のどちらかを選ぶことができるものです。

https://goto.jata-net.or.jp/index.html#coupon

では次項では、続々と増加し始めた観光客に対して、行っておきたい集客対策ご紹介していきます。

 

各地は集客対策が必要

どのような集客対策をしておくべきなのか、早速以下3つをご紹介いたします。

①「地域共通クーポン取扱店舗」として登録をする

前述したように旅行先では地域共通クーポン券が使用されるわけですので、集客においては、「地域共通クーポン取扱店舗」として登録をすることをおすすめします。登録については維持受け付けておりますので、ご希望の方は下記のURLを参考にし申請を行ってください。

https://biz.goto.jata-net.or.jp/coupon/

 

②「GoTo商店街」を利用する

「GoTo商店街」とは、政府が出している「GoToキャンペーン事業」のうちの一つです。先行募集は締め切りましたが、通常募集を令和2年10月30日~令和3年1月14日まで受付けを開始しています。この事業内容は、

・三密対策等の感染拡大防止対策の徹底

・イベントの新商品開発・プロモーション作成、発信することで地元商店街の良さ を再確認するきっかけ作り

をする事業です。この事業に対し、1商店街あたり300万円が支給されます。

(上限金額:1,400万円/補助率:300万円×申請者数(商店街組織数)+500万円(2者以上で連携し事業を実施する場合に限る)

https://gotoentry.meti.go.jp/

続々と旅行客が増えるこの時期を利用し、今後の集客において何らかの手ごたえをつかむチャンスでもあります。上記のURLでは、「GoTo商店街」においてのよくある質問次項や、アイデア等が浮かばない場合等、専門家による相談も受け付けていますので参考にされてみてください。

③オンラインイベントを開催する

オンラインイベントとは、オンライン上で商店街のゼミを行ったり、ツアー、動画チャンネルなどを作成するものであり、こちらも「GoTo商店街」の補助金対象にあたります。事例では、オンライン上で音楽を学び一緒に演奏するものや、商店街の方も一緒に楽しみながら商店街の様子を伝えるものなどがあります。コロナ禍の中でも活用できるオンライン上での事業を始めてみるのも良いかと思います。

以上、集客対策としての3つをご紹介致しました。その他にも、Aiロボットを起用し観光案内に役立てている観光地もあります。

次項では、その観光地で活躍するAiロボットについても詳しく解説して参ります。

Aiロボットとは

Aiロボットとは、音声や画像認識技術を活かしたロボットのことです。見た目もそれぞれに異なり、簡単な会話ができるものから人間のように話すロボット、ビジネスシーンで活用されているロボットなどさまざまです。

Aiロボットがすでに活躍している分野はどんな分野!?Aiロボット活用の10選

 

Aiロボットが観光地の集客に役立つ場面

このように、各地でGoToキャンペーンを利用した旅行客が増えている中で、GoTo旅行を要因とした『新型コロナウイルス』のさらなる感染拡大も懸念されています。

そこで注目が集まっているのが非対面非接触で人間と同様にコミュニケーションが取れる『Aiロボット』の活用です。

どのような場面で活用されているのか、早速見ていきましょう。

・観光案内

Aiは多言語にも対応可能なので観光案内には最適です。

近年では、さまざまな観光地でAiロボットの活躍が見られ、外国人観光客においても言葉の壁を感じさせることなくスムーズな対応を行っています。

中には、観光客に「ここにおいしいお団子屋さんがあるよ!」と誘導してくれるものや、自立走行を行いながら一緒に館内を案内をしてくれるロボットも出てきています。人間がこれまで行ってきた業務をAiロボットが担ってくれることで、業務の効率化に繋がるうえ、質問する側も気軽に訪ねることができています。

・話題つくり

観光客の中には、老若男女問わずさまざまな年齢の方が訪れ、特に、SNSアカウントを所有している方にとっては、話題つくりとしてAiロボットを発信してくれる場合も考えられます。DeNAトラベルが10~60代の男女93名に行った調査では、旅行先でSNSを発信する人が94.6%、SNS投稿を参考に情報収集する人が50.6%、とSNSは旅行先でも欠かせないものとなっているようです。

何か一つ話題があることで、投稿材料になり、次の集客に繋がる場合も十分考えられます。

・人件費の削減

観光案内でも触れたように、Aiロボットは多言語表示や案内までこなすことから、

人件費削減にも大きく貢献します。多言語表示に関しては、実際に言語が堪能な従業員を雇用するにも人件費がかかってきますし、案内係を配置するにも同じく人件費がかかってきます。Aiロボットは、従業員を配置できない時間帯にも活用できるので、特に受付を必要とする場では設置台数も拡大傾向にあります。

・新型コロナ対策で非接触での対応

新型コロナはご存じのように、人から人に感染し拡大していきます。

そうした点からも、Aiロボットを起用することで、通常通り業務をこなしながら感染対策も行えるので、訪れた方も安心して利用できます。

Aiロボットはニューノーマルに最適

近年では、いまだコロナ収束の目途が立たない中、新しい常識すなわちニューノーマルライフスタイルが提唱されています。これまでの常識や概念にとらわれず、ビジネスや日常においても変化に順応する必要がでてきています。

しかし一方では、より多くの付加価値を創出することも同時に求められているため、あらゆる分野においてAiロボットを積極的に活用していき、社会解決を図っています。

前項でも触れたように、非接触での対応が必要とされる環境下においては、人工知能の活躍が必要不可欠であり、Aiロボットもまたニューノーマル時代を築き上げていくうえで、最適な存在であることは間違いないでしょう。

まとめ

本記事では、「『Aiロボット』はGoToキャンペーンで有効的?各地が行ってきた集客対策をご紹介」を言及して参りました。

今後も各地ではGoToキャンペーンを巡り、旅行客の増加が予想されます。

この機会に「地域共通クーポン取扱店舗」申請や、補助金制度などを利用し、商店街活性化のためにお役立てすると良いでしょう。

さらに集客においては、Aiロボットの活用も併せてご紹介致しました。ソーシャルディスタンスを考慮したうえで、新しい付加価値を創出するものとして、Aiロボットは今後もますます活躍の場が増えることでしょう。Aiチョイスでは、Aiに関するさまざまな情報をさまざまな視点からお届けしております。ぜひ、日常のヒントにお役立てください。