Aiの音声認識技術の仕組みはどうなっている?歴史と未来について見てみよう

人工知能を持つAiの登場により、現代社会のデジタル化が非常に早く進んでいます。例えば、カスタマーサービスやお問い合わせ対応としてチャットボットが登場しましたよね。インターネットにおいてはAiの活躍が多々見られています。そんな中、家電業界にもAi搭載の商品が続々と出ています。Aiを駆使した家電とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。今回は、最新のAi搭載家電についてその特徴や使い心地などをご紹介していきます。

Ai家電の良いところ、特徴とは

 家事をしている専業主婦・主夫の方々なら、一度は思ったことがあるはずです。「自分の代わりに誰かやってくれないかな…」こんな悩みを解決するべくして、Ai家電は登場したとも言えるでしょう。

Ai家電の特徴としては、やはり”人工知能が学習して動く”ことからその持ち主の負担が軽くなることではないでしょうか。Aiの基本として、プログラム→パターン化→学習→判断といった流れがあります。これを繰り返すことによって、Aiは持つべきパワーを最大限発揮するのです。例として、一時期にお掃除ロボットが爆発して売れました。これも実はAi家電の始まりであって、ロボット=

人工知能が掃除する場所を動き、学習し、判断して毎回必要箇所を掃除してくれるというものなのです。ここから更に、Ai家電の普及は高まってきました。

引用元:https://panasonic.jp/aircon/air_letter/column/201810_ai.html

Ai家電の種類の豊富さに驚き!

 ”家電”とつくだけあって、従来の一般家庭における必要最低限の家電は今やそのほとんどがAi化しています。ただ、一言で家電と言われてもどれが当てはまるのかは人それぞれかと思います。ここでは、Ai搭載の家電を数種類ご紹介します。

・洗濯機

・冷蔵庫

・エアコン

・お掃除ロボット(ルンバ)

・音声認識Ai(Google HOME)

このあたりは、皆さんもご存知かと思います。実際に持っていなくても、見ていることはありますよね。しかし、Ai家電はまだまだあります。今はそんなに知られていない物でも今後続出するかもしれない家電はこちらです。

・洗濯物自動たたみ機

・自動料理機

・テレビ

引用元:https://nissenad-digitalhub.com/articles/ai-for-home-appliances/

次項からは、メインとなる家電に搭載されたAi機能について解説していきます。

Ai搭載の洗濯機

 Ai搭載型洗濯機が登場して以来『Aiで洗濯をスムーズにする』という方法が確立してきました。汚れや洗濯量、水量などをセンサーで察知します。そこから洗濯物の布種類や質、すすぎ方など総合してAiが判断し洗濯を開始するというものです。これを、更にスマートフォンと連携させるという点からも、より安心してAiに任せることができます。

引用元:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=12829

例えば、日立の洗濯機『縦型ビートウォッシュ』

こちらは、洗濯に必須な5大要素「衣類」「汚れ」「水」「洗剤」「洗濯機」に対しAiを駆使した機能を備えているものです。

これらを学習・パターン化して、日々の洗濯作業を効率的にしてくれます。

引用元:https://www.seikatsukaden.com/?p=26352

Ai搭載の冷蔵庫

 最新型の冷蔵庫と言えば、冷凍していても食材を取り出してすぐに切れると言う、機能を持つものが多くあります。その、機能をAiで制御するというものもいよいよ出てきました。これは、いわゆる”瞬冷凍”というものですがAiがしてくれる機能としては『ユーザーの行動分析』『瞬冷凍運転の判断』『平日・休日のパターン予測』などがあります。

引用元:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=13260

こちらの例として、三菱の冷蔵庫『MRシリーズ』

この冷蔵庫のすごいところは、外出中でも冷蔵庫の中身を確認できるということです。また、瞬冷凍だけに留まらず氷点下ストッカーという、味や鮮度を落とすことなく冷凍できるという機能も備えているから驚きです。

引用元:https://iotnews.jp/archives/144437

Ai搭載のエアコン

 Aiを搭載したエアコンは本当にすごいのです。運転時間を気にしたり、電気代の心配をする必要はもうなくなるでしょう。Ai搭載型のエアコンには、リモコンのみならずスマートフォンで遠隔操作ができるアプリがあり、そのリモート履歴をAiが学習して行動パターンを分析するというもの。さらには、居住地域の天気に合わせた提案運転も出来る機能を備えています。

引用元:https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=14510

エアコンのAi搭載型でおすすめなのが、パナソニックの『エオリア』

Aiでの空気清浄に特化したこちらの商品は、お部屋の空気が汚れてしまう前に天気予報と連動して、自動的に空気清浄してくれます。冷暖房も、頭寒足熱を考えて動くため快適な過ごし方を見つけられるはずです。

引用元:https://magazine.premoa.co.jp/aircon_type_ai/#XAI

Google HOME

 「OK、グーグル」の一声でおなじみのGoogle HOMEですが、今や若い世代の家庭には置いてあるのが当たり前の存在ですよね。このGoogle HOMEにできるこで、生活はがらりと変わります。調べ物をしたいとき、聞きたい曲があるとき…などももちろんですが、スケジュールの確認や天気予報、さらにはスマート家電つまりAi家電の操作まで出来てしまうのです。

まとめ

こんなにもAi搭載のスマート家電が出ているなんて、改めてびっくりですよね。昔には想像も出来なかった今の家電スタイルは、今後もっと進化を遂げていくはずです。今はまだ、価格的にもハイクラスのものばかりでなかなか手が届かなくても、いつかあなたのご家庭にもAi搭載スマート家電がやってきますよ!